何を飲んでも良くならない…そんなうつ病にはパキシルが効果的

パキシルの利便性

パキシルは平成12年に国内で許認可されたうつ病用の薬で、SSRIに分類されるお薬です。
この薬が発売される迄は国内では副作用が比較的強めである三環系の抗うつ剤が主に服用されていましたが、副作用が強い為、服用するのを止める方、または減薬される方、更に副作用を止める為の薬も同時に服用しなければならない等の有様でした。
このパキシルは、従来の抗鬱剤より、遥かに副作用が少なく、安全性も高く、更にはこれまでの薬と比べてもまるで劣らない効果の強さに定評があり、幅広く服用されるまでに至りました。
脳内伝達物質のセロトニンにのみ、このパキシルは効果を発揮するのが特徴であり、セロトニンのみを増加させる効果を持っております。
この伝道物質は気持ちを楽にする事により、気分を高揚させる働きがあると言われております。
その為、このお薬は、テンションを向上させると言う目的ではなく、うつ病を患い、不安から落ち着きがなくなった心を安らかにする等というような症状に効くという報告が多々御座います。
余計な神経系には効果が無いという特徴で、今までの薬に見られた副作用(口の渇き、便秘等)が減少されるという事が売りではありますが、他のSSRIと比較すれば、副作用は強めとなります。
更に三環系の抗うつ剤等の古い抗うつ剤の弱点だった致死量の絶対値の低さをある程度は少なからずクリアしております。但し、薬には変わりませんので、人体に大量に取り込まれれば、どのような状態になるかは察するに難しくありません。
発売当初はどうしても価格が高く、中々手を出せなかった薬ではありますが、近年ジェネリックが流通する事により、うつ病の症状に悩む患者の負担が大分軽軽くなりました。更には、平成24年には副作用の軽減を持ち合わせた徐放剤のパキシルCRまで発売となりました。

パキシルの効果・副作用の詳細はこちら